「Quality of Vision」の向上を目指して。見え方の質をできるだけ高い水準に保てるよう、上質な眼科医療の提供を心がけてまいります。2014年 9月17日(水) 開院

院内紹介

  • 出入り口

  • 受付

  • 待合室

  • 診療室

  • 検査室

設備紹介

  • 電子カルテ/画像ファイリングシステム

    患者様のデータは測定後直ちに診察室のパソコンに送られ、診察の際に患者様と医師が一緒に状態をモニターで確認して話し合いながら説明をします。経過の長い患者様のデータは全て保存されますので、安心です。

  • 光干渉断層計(OCT)

    目の奥の網膜の様子を断層的に見ることができます。主に網膜の断層像を撮るのに使われ、最近では機器の飛躍的な進歩により、緑内障診療には欠かせない検査です。

  • 眼底カメラ(通常撮影/自発蛍光撮影)

    自発蛍光撮影も可能な眼底カメラです。通常撮影では眼底出血部位や程度を詳細に記録し、自発蛍光撮影では網膜内の微細な異常がどこに存在するのかがよくわかります。加齢黄班変性の早期発見に有用です。

  • オートレフケラト/トノメーター (写真右)

    3つの測定機能を1台に集約することで、患者様の移動の負担を軽減できます。屈折値、角膜カーブ、眼圧という目の主要なデータを自動で正確に測定できます。

  • 角膜内皮細胞撮影装置

    角膜内皮細胞の数を調べる検査です。角膜内皮細胞は、他の細胞と異なり再生されません。そのため年齢とともに少しずつ減少します。正常な大人の方の場合、角膜内皮細胞は1平方ミリメートルあたり2500から3000個程度です。しかし、目の外傷や手術または角膜の酸素不足などにより角膜内皮細胞が減ってしまうことがあります。

  • 視力表 スペースセイビングチャート

    眼科検査に欠かせない視力検査を行う装置です。設置距離0.9mで5m視力検査が可能です。様々な視機能検査を行うことが可能です。

  • 液晶視力表

    5メートル視力表です。液晶画面に視力表が写し出されます。立体視などの検査も行えます。絵指標などによる視力測定も行えます。

  • 両眼視簡易検査器(WOC)

    検査器の中の美しい風景を5分眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めているのと同じだけの効果があります。眼精疲労の軽減、子供の近視の進行予防、内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果があります。

  • ハンフリー視野計

    ハンフリー視野計は、見える範囲(視野)や欠落部の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。緑内障の診断や進行状態を把握するのに必須の検査機器です。

  • 角膜形状/屈折力解析装置(OPD-Scan)

    角膜表面の形状や、角膜・水晶体・眼球全体の屈折力を測定し、その情報を解析することで、見えづらさの原因を見つけることができます。さらに眼球の光学特性を画像化することで見え方の質をイメージできます。

  • 瞳孔間距離計

    片方の目の瞳孔中心から、もう片方の目の瞳孔中心までの距離を測定します。
    両眼解放状態での遠見・近見時の瞳孔間距離をそれぞれ正確に測定します。

  • (左)双眼実体顕微鏡 (右)レンズメーター

    双眼実体顕微鏡は、コンタクトレンズの傷や汚れを調べます。レンズメーターは眼鏡レンズの屈折値を正確に測定して、遠方だけではなく、近方のレンズ度数が目に合っているかを調べることができます。

  • マルチカラーレーザ光凝固装置

    痛みがほとんどない光凝固治療を実現した装置です。糖尿病網膜症・網膜静脈分枝閉塞症・網膜中心静脈閉塞症・網膜裂孔などの眼底疾患、緑内障の治療に用います。

  • 全自動高圧蒸気滅菌器(プレバキューム方式)

    プレバキューム方式と独自のプログラムによりクラス最高レベルの滅菌性能を実現した滅菌機械装置です。外来、処置ともに使用するセッシや涙道洗浄に使う器具などを清潔に保つために欠かせない装置です。

アクセス方法

久我山駅から当院まで

  • 1「久我山駅」北口改札を出て左へ進みます。

  • 2「薬のセイジョー」の交差点を道なりに直進します。

  • 3そのまま道なりに、突きあたり「西宮中学校裏」の交差点を左折します。

  • 4右側の2つ目の路地を右折します。

  • 5そのまま突き当りまで進み、交差点を斜め右方向に進みます。

  • 6道なりに進み、突きあたりの井の頭通りまで進みます。

  • 7右手にクリニックの入っているモールがございます。

  • 8モール正面の駐輪場右に階段がございます。

  • 92Fへ上がって奥へ進んでいただきます。
    ※モール左側入り口側には、車椅子でお乗り頂ける大型エレベーターがございます。

  • 10突き当り右正面にクリニック入口がございます。

井の頭通り「環八方面」から当院の駐車場まで
駐車場からクリニックまでもバリアフリーです。

1井の頭通りを環八方面から来ますと、左手に「日通自動車学校」、右手に「リンガーハット」 が見えてきます。
「日通自動車学校」すぐ横に、駐車場がござい ます。

  • 2「久我山クリニックモール」の駐車場をご利用ください。
    ※サンドラッグと共用駐車場です。

  • 3駐車場ご利用の方は、クリニックモール正面左側入り口よりお入りください。

  • 4左手階段を2階へお進みください。
    ※階段の奥には車椅子でお乗り頂ける大型エレベーターがございます。

  • 5通路を右へお進みください。

  • 6左手の並び、奥から2つ目にクリニック入口がございます。

井の頭通り「吉祥寺方面」から当院の駐車場まで
駐車場からクリニックまでもバリアフリーです。

1吉祥寺方面から来ますと、「宮前分室交差点」を越え、左手に「ランドローバー」・「リンガーハット」が見えてきます。井の頭通りを挟んだ向かい側にクリニックの入っているモールがございます。

  • 2「久我山クリニックモール」の駐車場をご利用ください。
    ※サンドラッグと共用駐車場です。

  • 3駐車場ご利用の方は、クリニックモール正面左側入り口よりお入りください。

  • 4左手階段を2階へお進みください。
    ※階段の奥には車椅子でお乗り頂ける大型エレベーターがございます。

  • 5通路を右へお進みください。

  • 6左手の並び、奥から2つ目にクリニック入口がございます。

南北バス「すぎ丸」かえで路線もご利用頂けます。

南北バス「すぎ丸」かえで路線は「久我山駅」「西荻窪駅」からご乗車頂けます。

「久我山駅」からご乗車の方:「西高校西門前」下車徒歩4分
「西荻窪駅」からご乗車の方:「五日市街道」下車徒歩3分

関東バス「荻60」もご利用頂けます。

関東バス「荻60」は「荻窪駅」南口からご乗車頂けます。
最寄のバス停留所は「宮前3丁目」となります。停留所からクリニックまでは徒歩3分です。

関東バス「荻60」の発車時刻予定表はこちら >

休診日 午前診療のみ(午後は休診)

TOPへ

ほりかわ眼科 久我山 井の頭通り

お問い合わせ/tel 03-3332-1146
〒168-0081 東京都杉並区宮前5-15-21
日通久我山ビル2F 久我山クリニックモール内
(クリニックモールの1階にはサンドラッグがあります。)

診療受付時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~18:00

木曜・日曜・祝日

  • ● 京王井の頭線「久我山駅」北口より徒歩7分
  • ● JR「西荻窪駅」南口より徒歩15分
  • ● 「久我山駅」から南北バス「すぎ丸」かえで路線に乗車、「西高校西門前」下車徒歩4分
  • ● 「西荻窪駅」から南北バス「すぎ丸」かえで路線に乗車、「五日市街道」下車徒歩3分
  • ● 「荻窪駅」南口から関東バス「荻60」に乗車、「宮前3丁目」下車徒歩3分
  • ● 日通自動車学校となり
    日通久我山ビル2F 久我山クリニックモール内
  • ● 駐車場20台(無料)、駐輪場99台(無料)